DHA・EPAの違い | 生活習慣病予防・中性脂肪を減らしてくれるDHA・EPA配合サプリ。

生活習慣病予防・中性脂肪を減らしてくれるサプリ。人気のお勧めDHAサプリメント
  • TOP
  • DHA・EPAとは
  • DHA・EPA 効果
  • DHA・EPA 副作用
  • DHA・EPA 効能
  • DHA・EPA の違い
  • TOP > 
  • DHA・EPAの違い

DHA・EPA の相違点

DHA・EPAの効果の違い
DHA EPA
■記憶力や学習能力を高める効果
DHAは、神経細胞の先端(シナプス)に多く含まれ、脳の活動をスムーズにします。 DHAを含む、カツオやサンマ、マグロなどの魚は、頭を良くする食べ物として、知られています。 また、神経の興奮を鎮め、精神を安定させる効果もあります。
EPAは、脳の入り口である”脳関門”を通過できないので、DHAのような効果はありません。 これがEPAとDHAの一番大きな違いです。
EPAは、脳への入り口を通り抜ける事ができません。 しかし、DHAにはそれが可能で、脳神経を活性化し、記憶力の向上などの効果があります。
■アルツハイマー症や認知症を改善
死んでしまった神経細胞を修復したり、脳に必要なタンパク質の合成を、増やす効果があります。
■子供の発育
DHAは、子供の脳や眼が健全に発育するために、不可欠な栄養素です。

DHA・EPA の共通点

血管の健康
両方とも、血中の中性脂肪や悪玉コレステロール(LDL)を減らして、動脈硬化や血栓症を予防します。
悪玉コレステロールを減らす効果は、DHAの方がより高く、中性脂肪を減らしたり、血栓症を予防する効果は、EPAの方がより高くなっております。
ガンの予防
ガンの発生に関係する”アラキドン酸”の働きや合成を抑え、ガンを予防します。
DHAは、ガンの発生だけでなく、ガンの転移や抗ガン剤の副作用を、抑える効果もあります。
このため、EPAより抗ガン作用が高いと考えられています。
アレルギーや炎症の改善
アトピー性皮膚炎や花粉症、慢性の関節炎などの炎症を、改善する効果があります。これは、ガンの場合と同じく、アラキドン酸の合成や働きを抑えるからです。
高品質・低価格でDHA&FPAを摂取【小林製薬のDHA&EPAEX】

ランキング 小林製薬のDHA&EPAEX イマークS サントリーのDHA&EPA やずや・青魚の知恵 えがお・DHA・EPAEPA