DHA・EPA 効果 | 生活習慣病予防・中性脂肪を減らしてくれるDHA・EPA配合サプリ。

生活習慣病予防・中性脂肪を減らしてくれるDHA・EPA配合サプリ。人気のお勧めDHAサプリメント
  • TOP
  • DHA・EPAとは
  • DHA・EPA 効果
  • DHA・EPA 副作用
  • DHA・EPA 効能
  • DHA・EPA の違い
  • TOP > 
  • DHA・EPA 効果

DHA・EPA 効果

DHAによる改善効果がみられるもの
メタボリックシンドローム
動脈硬化
心筋梗塞
脳梗塞
糖尿病
アレルギー性鼻炎
視力低下
認知症
うつ病




DHA・EPAの効果
DHAには、「メタボリックシンドローム」「動脈硬化」「心筋梗塞」「脳梗塞」「糖尿病」 「アレルギー性鼻炎」「視力低下」「認知症」「うつ病」への改善効果が確認されているそうです。 また、DHAやEPAは、加齢黄斑変性の引き金となる高脂血症や動脈硬化を予防し、動物実験ではEPAの摂取で加齢黄斑変性が抑制されたそうです。 老眼や白内障などにも効果が期待できるようです。 DHAは血液の粘度を下げ、血液の流れを良くし(血液中の脂質濃度を下げる働き)、目の網膜や脳の働きを活性化する健康効果があるといわれています。DHAとEPAは、DHAを摂取すると脳の細胞膜が柔らかくなり、脳が活性化(記憶力や観察力の機能もアップ)します! 脳の細胞を形作るのは細胞膜で、特にDHAは情報伝達機能を受け持つシナプス膜(神経終末)を作る材料になっており、シナプス膜にDHAが多いほど膜は柔らかくなります。したがって、DHAはシナプスの先端で情報を伝達する重要な役割を担っているのです。また、DHAはミトコンドリアというエネルギーを作り出す部分の成分にもなります。 ですから、DHAが十分にあれば、脳は活発に働き、記憶能力や学習能力も増加します。これが、注目されているDHAの健脳作用です。 ところが、DHAは年とともに減少し、不足すると、脳の活性化が失われて、老人性痴呆症(以前はボケともいわれていました)につながるおそれがあります。 脳血管障害による痴呆症はEPAやDHAの不足で血流が滞り、血栓ができやすくなって起こるのです。やはり、DHA不足が深く関連しています。 また、DHAは美肌効果があるともいわれています。

DHA・EPA に関する学説

DHA・EPAの摂取に関する驚くべき学説
「グリーンランドに住むイヌイットは脳血栓や心筋梗塞にほとんどならない」 (イヌイットがいつも食べているアザラシや魚に含まれているEPAの効果で血がサラサラになっているからではないか、という説) 「日本人の子供の知能が高いのは魚を食べているからだ」 (魚に含まれているDHAの効果で知能指数が高いのでは、という説)
高品質・低価格でDHA&FPAを摂取【小林製薬のDHA&EPAEX】

ランキング 小林製薬のDHA&EPAEX イマークS サントリーのDHA&EPA やずや・青魚の知恵 えがお・DHA・EPAEPA